7月13日【イブニングサマリー】CPIを前に様子見ムード

7月13日evening

 

本日の日経平均は、26,478.77円142.11円高と反発して取引を終えました。

 

米国ダウは3日続落。新型コロナ拡大で中国上海の都市封鎖や消費者物価指数の発表を控えていることなどが影響しており、下げ幅を拡大するもナスダックは堅調。日経は昨日大きく下落していたことからリバウンド買いが先行するも、今晩のCPIを警戒し上値が重たかったです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。