リセッションかスタグフレーション?

まどか:ねえねえ、でもさ、まだ株上がってるよね。

冥冥:まあまあ、これは間違いなく中間反騰だよ。前も言ったけど、年内には財政引き締めが始まる。この理由は分かるよね?

まどか:インフレ抑制

冥冥:そう、でも引き締めてもインフレ抑制できるかは分からない、というより、やってみないとわからない。

まどか:スタグフレーションって事?

冥冥:そう、そうなる可能性もある。

まどか:えーーーーーーーーーーーーーー、やばいじゃん。それを織り込んでないって事?

冥冥:そう、マーケットは目をそらして業績がいい企業に注目してそこに投資している。

まどか:そうか、資源株なんか上がってるし。

冥冥:そう、目をそらすというのは、短期に注目しているって事かな。

まどか:長期は下がる目線になる。

冥冥:そう、いつか長期目線になると下がることになる、でも、外部要因が変わればそうでないけどね。

まどか:例えば?

冥冥:資源価格が落ち着いて、米国の失業率が基準値に落ち着く等々。

まどか:前に聞いた、、、絶望たち、、、、、、、、

冥冥:立ち上がれ、立ち上がれってやつ。

まどか:いやいや(〃艸〃)ムフッ

冥冥:注意しないといけないのは、投資家の立場で受け取り方が変わってくる。

まどか:どういう意味かな?

冥冥:例えば、投資している人としていない人なら感じ方が変わってくる。

まどか:うんうん。

冥冥:投資していない人なら、上がろうか下がろが関係ない。

まどか:じゃ、買いのポジションを持っている投資家目線の話って事ね。確かに買ポジションの人なら下がれば焦るし。逆なら嬉しい….

冥冥:そう、投資は基本的にはロング(買いポジション)特に手数料が高かった時代は買ってもらい手数料を稼いでいた。

まどか:証券会社あるある。

冥冥:まあ、ウクライナ情勢が落ち着かないと正しい方向性を予測できない。こんな時はオプションでヘッジポジションを取るのが一番かな。

まどか:例のやつね、他には?

冥冥:オプションやらない人は、トレンドについていくのがいいかな。その代わり大きな利益は望めないけどね。

まどか:逆張りで、逆噴射したら痛い目にあう。

冥冥:無理にエントリーしない方がいい。

まどか:運用が仕事でなければ無理にエントリーしない。

冥冥:勝率が高い時だけエントリーするべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。