これからの相場展開

まどか:ウクライナ情勢やばくない、株式市場元気ないし。

冥冥:やはり、指値オペではなくウクライナ情勢だったね。

まどか:でも、戦争始まると株価上がってない?

冥冥:うん、そうだね、調べたら11(冥冥調べ)回あって10勝1敗だからほぼ上げてる、でも今回はその1敗のケースになるような気がするんだ。

まどか:どうして???

冥冥:インフレ動向がさらに不確かになる可能性があるから。米国が3月のFOMCで利上げを発表することは織り込み済みだけど、ウクライナ情勢で先行き不透明になる気がしてきた。

まどか:(・_・D フムフム

冥冥:戦争は景気を押上げる効果があるから上がるイメージ強いけど、今回はインフレを助長する懸念があるんだ。たとえば、米国の利上げはインフレを押させるためで仮にインフレ率が6%台に下がれば利上げ速度は緩やかになる。しかし、原油価格が100$を超え不動産関連の貸出金利が上昇したた今それは望めないから、間違いなくインフレ率は7%を超えていくだろう。

まどか:ハイパーインフレ?

冥冥:それはないと思うよ、でも、悪いインフレになる要素が満載なんだ。まず、原油価格について説明するね。

まどか:はいよ。

冥冥:おそらく130$ぐらいまでは上がってもおかしくない、でも200$とかになると利用者も買い控えするし景気は悪くなる。ただ、米国やサウジなどの原油産出国は増産可能がだから価格は高止まりしても爆上げすることはないだろう。

まどか:原油の増産って簡単にできないって聞いたけどそうなの?

冥冥:そう、水道の蛇口をひねるって感じにはいかない。きちんとしたメンテンナスをしていても急に増産はできないらしいし、昨今のクリーンエネルギー情勢から需給がひっ迫しているから高止まりすると思われる。

まどか:なるほど。

冥冥:問題は天然ガスなんだ、ECの多くの国はロシアから天然ガスを輸入している、もともと、値段が高騰しているのにウクライナ情勢でさらに上がる可能性がある。

まどか:なるほど、エネルギー価格の高騰が景気悪化を招くって事?

冥冥:先週末の日経225平均は上昇したけど、このまま素直に上がるとは思えないんだ、コロナ前の株価までは一旦下がりそうだね。

まどか:マザーズは?

冥冥:マザーズ指数はコロナ時につけた安値付近まで下がってから反発すると思うんだ。反発力はまだ解析できていない。

まどか:それじゃ、そうなの。

冥冥:まだわからない、今回は一筋縄に行かない気がするんだなーーー。

まどか:気になるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。