インフレとデフレ

冥冥:日本のインフレやデフレについて調べてみたんだ。

まどか:聞きたい、聞きたい。

冥冥:巷でインフレやスタグフレーションって噂されているけどこれからどうなるのか。もち、専門家ではないからそこんとこよろしくね。

まどか:分かってるって(〃艸〃)ムフッ。。。。。。それで、良いインフレ、悪いインフレとスタグフレーションってなんよ。

冥冥:簡単に説明すると、

良いインフレは、物価↑ 所得↑ 景気⤴

悪いインフレは、物価↑ 所得→⤵ 景気→⤵

スタグフレーションは、物価↓ 所得→⤵ 景気→⤵

まどか:ほいほい。

冥冥:これを踏まえて、1970年代のオイルショックについて説明すると、当時、石油価格が3倍ぐらいに上昇して、巷の石油製品が急騰し、さらに、モノの値段も上昇した。例えば、トイレットペーパーやバターなどの商品がなくなり。そればかりか、毎日、商品の値段が上がっていく。子供も頃、今まで10円で買えたものが急に値上がりして、おやつが買えないってお母さんに泣きついたよ。でも、これだけインフレしたら景気は悪くなると思わない?

まどか:外国で札束ボストンバッグ詰めて買い物するの見たことあるけど、いいイメージはないよね。。。。。。

冥冥:そこなんだ、日本はインフレしたけど景気は絶好調だったんだ。

まどか:え、、、どうして?不思議なんだけど????

冥冥:当時、個人所得の伸び率が大きい時で約30%あった(毎年ではない)。ようは、インフレ分の以上の給与があったんだ。

まどか:30%も、500万円なら650万円ってことか。すごくない!!!

冥冥:さらに言うと、当時は、労働組合が力を持っていいた。組合員は、春闘で労使交渉をして、賃上げ要求が可決するまで戦ったんだ。ストライキの間は鉄道(私鉄・国鉄(現JR))が2,3日は平気で動かないし。学校も休みになるから応援してたよ。当然仕事も休みになる。今では考えられない。

まどか:春闘って、そんなのあったんだ。学校が休みなのはよかったね。

冥冥:ようは、物価は上がったけど所得も上がったから、景気後退せずに好景気が続いた。当時の日本人は消費も旺盛だった。時は飛ぶけどバブル崩壊までは給与は少なからず上がっていたんだ。

まどか:そして、バブル崩壊後に日本はデフレになったんだね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です