今後の相場展開

まどか:日本市場は、あまり芳しくないね。

冥冥:そうね、米国市場は新値更新しているけどね。前に、少し説明したけど押し上げるエネルギーが足りないんだよ。今までは、金融緩和でお金を供給していたから買っておけばいつか上がってたけど。これからはそうはいかない、だから、投資家はテーマに合わせて運用している。例えば、自民党の圧勝で上がるし、利払い延期で下がる。また、企業業績もテーマになる。市場で運用されているお金の量が変わらなければ物理的な上昇圧力にはならないから、もっと言うと、ゼロサムだから儲かる人がいれば損する人もいる。それを助長しているのが主要国の量的緩和ってこと。

まどか:じゃ、ここからはどうすれば上がるのかな?

冥冥:日本市場には、起爆剤がない状態だから、海外からの資金流入急に増えるとかしないと難しいかな。米国も量的緩和は終わりに向かているんだけど、オプション取引が相場を押し上げてるって見方が出来る。

まどか:量的緩和が終わってるなら日本と同じじゃないの?

冥冥:米国のオプション取引は、すべてではないけど、簡単に言うと、一般投資家は上がる権利(コール)を買う取引がメインなんだ、少額で上がる権利を買うってその株価が上がればその金額で株がもらえる。勿論、下がる権利(プット)も同じ仕組みだけど。ようは、下がると思ってプットを買っても売り方が今までは負けていたてっこと。そして、そんなかんなでテスラの時価総額は日本の自動車メーカーの合計時価総額を上回るほど上昇したからね。最近の動きはそろそろ下がるだろって思った投資家を踏み上げて上昇している。でも上昇相場でも常に上がる分けではない。

まどか:具体的に教えてよ。

冥冥:こんな時は、7月に教えた。Δニュートラルなんかがお得だよ。

まどか:あーーーー、忘れたよ、、、、、

冥冥:常にマーケットを見ておかないとすぐ忘れてしまうよね。それに、ただポジションを取ればいいって事でもない。

まどか:そうだよね。

冥冥:例えば、日経平均が30,000円は超えないが、28,500円までは下がらないと予想する。

225オプションの12月限 30000コールと28500プットを1枚づつ売る。しかし、このポジションの損失は無限大

まどか:えーーーーーーーーーーーーーー無限大・・・・・、いやだ。

冥冥:そう仮に、地震などの天災なんかが起こるととんでもないことなるから、気を付けないといけないし、いつでも抜けられるように注意しないといけない。ただ、これは満期に向けて利益が得られるから、選択肢として覚えておいてよ。また、バーティカルブルやバーティカルベアなんかは損失限定だよ。

まどか:私は損失限定がいいな。

冥冥:そう夜はぐっすり寝られるポジションがいいよね。

まどか:賛成

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です